パワーストーンの魅力を解説します

パワーストーンとは、古い時代より願いが叶うお守り・厄除けといった様々な効果を期待できる石ということで、日本ではその石が持つ力が神話などに結びついていることが多いです。この言葉は和製英語であり、言葉の持つ響きにも神秘的なものがあることから、いかに日本において石のパワーが重要視されているかが分かります。科学的な観点から磁石の存在に似ており、磁気のパワーで血行を改善し肩こりを治すように、石の持つパワーで心を癒すというものなのです。石をお守りとして身につけることは、その人の心を強くするという綺麗な癒し効果ということになります。現在では百円ショップでも気軽に手に入るほど身近な存在であり、その人気の高さは衰退することはないほど、人々の生活に浸透しています。

パワーストーンの持つ魅力を楽しむ

石の力とは、長い年月をかけて取り込まれた自然の力です。このパワーにもさまざまな種類があり、仕事・恋愛・健康などを始めとする効果は、主に身につけている持ち主の範囲で発揮されます。石の持つ美しい輝きも魅力の一つです。プラスチック・クリスタルガラスといった人工的に作り出された輝きと違う点は、その繊細さと透明感です。このような輝きだけではなく、各々が持つ独特な色合いが違っているため、自分の好みで選べるということも楽しみの一つです。可愛らしいピンク色・涼しげなターコイズブルー、インパクトの強さがある漆黒など、色味も数多く存在します。これらの魅力を身につける方法として、ネックレス・ブレスレット・腕時計などに用いていることが多く、シンプルな服装にアクセントとして使うことも出来ます。

宝石とパワーストーンの違いとは

宝石は貴石・半貴石に分けられますが、高い希少価値・装飾性・半永久的な美しさ・耐熱性・モース硬度7以上という条件を満たしたものが貴石、いわゆる宝石の定義となっています。その中でもダイヤモンドは地球上最も硬い鉱物となっています。モース硬度が6以下のものが、パワーを持つ石ということで市場に出回っています。宝石と天然石の効果は同じと考えられています。硬度の高低により区別されているため、宝石よりは長持ちがしにくいという点がありますので、人間の体と同様に経年劣化すると考え、石の寿命が来たら新しいものへ交換するという方法を取ります。ジュエリーを身につけると心が持ち上がるということは、アクセサリーから何かのエネルギーを受けているということであり、これが石の持つ本来の作用ということになります。

高品質の極上プレミアムインクォーツ・ブレスレット113,000円~ご提供しております。 World Stoneはパワーストーンや天然石の取り扱いでは業界トップの種類の豊富さで、必ずぴったりの石が見つかります。 天然石やパワーストーンを直輸入し、販売をしています 対象エリアへのご案内です、大人気激安ブレスレット詰め合わせセールを開催中さらに15:00までのご注文は翌日発送いたします。 あなただけのパワーストーンが作れちゃう!

Comments are closed.